KANSAI UNIVERSITY

関西大学環境都市工学部

関西大学環境都市工学部
関西大学環境都市工学部トップへ

都市システム工学科

学びのスタイル

より多種多様な生物が生息できる護岸の環境づくりをめざしています。

研究テーマ:エコ護岸の海域環境保全機能に関する研究

海沿いの街や港湾施設を高潮や津波などから守るため、海岸に護岸工事を施すことがあります。船の着岸に適するよう、従来の護岸は水面に垂直に設けられていましたが、これでは、海辺で生活する生物にとってあまり快適な環境とはいえません。そこで護岸の一部に傾斜をつけ、貝類、甲殻類などが巣を作りやすいように凹凸をつける「エコ護岸」という試みが始まっています。私の研究テーマは、エコ護岸となっている傾斜地の水質を改善し、より多様な生物がすめる環境をつくることです。まず、汚染物質を吸着する鉱石として、熱帯魚の水槽浄化などにも使われている「ゼオライト」に注目し、大阪湾内でエコ護岸が設置されている場所にまきました。以来、定期的に現地に赴いて、護岸にどんな生物が付着しているかを確かめるとともに、海水を採取して持ち帰り、研究室の実験装置を使って水質改善効果をチェックしています。結論を出すまでには時間がかかる研究ですが、自分で立てた研究計画に沿って着実に進めています。最近「生物多様性」という言葉がよく聞かれますが、1種類の貝が数多く生息しているより、多種類の貝が生きていける海の方が豊かな環境だといえます。だから、護岸に今まで見たことがない貝が付着しているのを見つけると嬉しくなります。海辺の環境回復に、土木工学、生物学などの知識を生かして貢献したいですね。

沿岸域の安全・安心を確保しながら豊かな環境をつくっていきたいですね。
都市システム工学科
島田 広昭 准教授
研究室では、海岸での減災と美しい沿岸域の創造・継承というテーマに取り組んでいます。近年、環境への関心が深まり、人命重視・安全の見地から工事が行われてきた護岸や河川ダムなどに対する考え方も変わってきました。海辺の生態系は、川や海、陸地の環境とも大きく関わっています。安心・安全と環境保護の両立をめざして研究を進めることが大事だと考えています。