KANSAI UNIVERSITY

関西大学環境都市工学部

関西大学環境都市工学部
関西大学環境都市工学部トップへ

都市システム工学科

都市システム工学科 教育方針

教育方針1

都市システム工学科の学習・教育目標

(A)多様な情報を活用して専門的な判断ができる基礎知識の習得
(B)実験・実習,演習,フィールドワークによる問題解決のための洞察力,システム化力および計画的実践力の体得
(C)社会のニーズを把握できる観察力とコミュニケーション能力の習得
(D)技術が社会に及ぼす影響に関する情報を収集し,それらについて論ずることができる能力の習得
(E)都市システムの変化と最先端技術の情報を常に把握し,そこから得たものを活かし続ける能力の習得
(F)技術者に必要な倫理的意識の体得

コース別詳細項目
【都市デザインコース】

(A)多様な情報を活用して専門的な判断ができる基礎知識の習得
 A−1 応用数学の基礎を用いた都市システム工学の専門基礎を習得していること.
 A−2 力学の基礎を用いた都市システム工学の専門基礎を習得していること.
 A−3 環境に対する基礎的な知識・捉え方を身につけ,それを用いた都市システム工学の専門基礎を習得していること.
 A−4 情報・システム工学の基礎を用いた都市システム工学の専門基礎を習得していること.

(B)実験・実習,演習,フィールドワークによる問題解決のための洞察力,システム化力および計画的実践力の体得
 B−1 実験・実習を通じて社会基盤の構造およびデザインに関わる現象を注意深く観察し,現象に含まれる問題をモデル化し,定量的なデータをもとに客観的な考察を加えることができること.
 B−2 設計した社会基盤施設を実際に図面に描くことができること.
 B−3 設定された問題を解決するために,実行計画を立案,自立的かつ計画的に行動し,与えられた時間内に一定の水準を満たした品質の成果をあげることができること.
 B−4 グループによる活動を行う場合に,実行計画を達成できるようにメンバー間で協調性をもって行動できること.

(C)社会のニーズを把握できる観察力とコミュニケーション能力の習得
 C−1 観察した現象を正しく伝え,その情報をもとにした口頭発表および討議を日本語によって行うことができること.
 C−2 英語で記述された専門分野における用語・知識・考え方を,その内容まで理解し,平易なことばで説明できること.
 C−3 社会基盤がおかれている現実の状況を踏まえ,利用者からの要求を分析し,それを反映するデザイン案の合理性を説得的に伝え,討議することができること.

(D)技術が社会に及ぼす影響に関する情報を収集し,それらについて論ずることができる能力の習得
 D−1 技術が社会に及ぼす影響について自己および他者の視点から論じることができること.
 D−2 多様な考え方が含まれるさまざまな情報源の中から,設定した問題に応じた情報のみを抽出し,それを構造的にまとめることができること.
 D−3 新聞報道のようなリアルタイムに伝えられる情報源の中から,都市デザインに関わる構造変化を見出し,自己および他者の視点から論じることができること.

(E)都市システムの変化と最先端技術の情報を常に把握し,そこから得たものを活かし続ける能力の習得
 E−1 先端的な科学技術が現実の社会問題と密接に関連し,常に,その視点から捉えることの必要性が理解できること.
 E−2 常に社会活動の特徴に目を向け,社会活動に現れる問題を理解し,自主的にも問題解決に取り組むことができること.
 E−3 構造変化を適切に捉え,それに対応した問題に,最先端技術情報を用いて解決することを目指した取り組みが行えること.

(F)技術者に必要な倫理的意識の体得
 F−1 技術者倫理に係わる一般論だけでなく,各分野国有の倫理問題に対する考え方を身につけること.
 F−2 都市システム,とりわけ都市デザインの社会に及ぼす影響の大きさと,その安全性に対する技術者の責任の重さを理解すること.


【都市環境計画コース】

(A)多様な情報を活用して専門的な判断ができる基礎知識の習得
 A−1 応用数学の基礎を用いた都市システム工学の専門基礎を習得していること.
 A−2 力学の基礎を用いた都市システム工学の専門基礎を習得していること.
 A−3 環境に対する基礎的な知識・捉え方を身につけ,それを用いた都市システム工学の専門基礎を習得していること.
 A−4 情報・システム工学の基礎を用いた都市システム工学の専門基礎を習得していること.

(B)実験・実習,演習,フィールドワークによる問題解決のための洞察力,システム化力および計画的実践力の体得
 B−1 実験・実習を通じて環境や社会基盤の計画に関わる現象を注意深く観察し,現象に含まれる問題をモデル化し,定量的なデータをもとに客観的な考察を加えることができること.
 B−2 計画した社会基盤施設で構成される都市環境を実際に図面に措くことができること.
 B−3 設定された問題を解決するために,実行計画を立案,自立的かつ計画的に行動し,与えられた時間内に一定の水準を満たした品質の成果をあげることができること.
 B−4 グループによる活動を行う場合に,実行討画を達成できるようにメンバー間で協調性をもって行動できること.

(C)社会のニーズを把握できる観察力とコミュニケーション能力の習得
 C−1 観察した現象を正しく伝え,その情報をもとにした口頭発表および討議を日本語によって行うことができること.
 C−2 英語で記述された専門分野における用語・知識・考え方を,その内容まで理解し,平易なことばで説明できること.
 C−3 都市環境がおかれている現実の状況を踏まえ,利用者からの要求を分析し,それを反映する討画案の合理性を説得的に伝え,討議することができること.

(D)技術が社会に及ぼす影響に関する情報を収集し,それらについて論ずることができる能力の習得
 D−1 技術が社会に及ぼす影響について自己および他者の視点から論じることができること.
 D−2 多様な考え方が含まれるさまざまな情報源の中から,設定した問題に応じた情報のみを抽出し,それを構造的にまとめることができること.
 D−3 新聞報道のようなリアルタイムに伝えられる情報源の中から,都市環境計画に関わる構造変化を見出し,自己および他者の視点から論じることができること.

(E)都市システムの変化と最先端技術の情報を常に把握し,そこから得たものを活かし続ける能力の習得
 E−1 先端的な科学技術が現実の社会問題と密接に関連し,常に,その視点から捉えることの必要性が理解できること.
 E−2 常に社会活動の特徴に目を向け,社会活動に現れる問題を理解し,自主的にも問題解決に取り組むことができること.
 E−3 構造変化を適切に捉え,それに対応した問題に,最先端技術情報を用いて解決することを目指した取り組みが行えること.

(F)技術者に必要な倫理的意識の体得
 F−1 技術者倫理に係わる一般論だけでなく,各分野固有の倫理問題に対する考え方を身につけること.
 F−2 都市システム,とりわけ都市環境計画の社会に及ぼす影響の大きさと,その安全性に対する技術者の責任の重さを理解すること.


【都市情報システムコース】

(A)多様な情報を活用して専門的な判断ができる基礎知識の習得
 A−1 応用数学の基礎を修め,都市システム工学の専門基礎を習得していること.
 A−2 力学の基礎を用いた都市システム工学の専門基礎を習得していること.
 A−3 環境に対する基礎的な知識・捉え方を身につけ,それを用いた都市システム工学の専門基礎を習得していること.
 A−4 情報・システム工学の基礎を用いた都市システム工学の専門基礎を習得していること.

(B)実験・実習,演習,フィールドワークによる問題解決のための洞察力,システム化力および計画的実践力の体得
 B−1 実験・実習を通して都市情報システムに関わる現象を注意深く観察し,現象に含まれる問題をモデル化し,定量的なデータをもとに客観的な考察を加えることができること.
 B−2 システムの開発実習を通して,大量な情報から必要な要求を取りまとめる技法や,抽象的な要求を具現化する設計手法,さらに設計仕様から具体的なシステムを構築する技術を習得すること.
 B−3 設定された問題を解決するために,実行計画を立象 自立的かつ計画的に行動し,与えられた時間内に一定の水準を満たした品質の成果をあげることができること.
 B−4 グループによる活動を行う場合に,実行計画を達成できるようにメンバー間で協調性をもって行動できること.

(C)社会のニーズを把握できる観察力とコミュニケーション能力の習得
 C−1 観察した現象を正しく伝え,その情報をもとにした口頭発表および討議を日本語によって行うことができること.
 C−2 英語で記述された専門分野における用語・知識・考え方を,適確に理解し,平易なことばで他者に説明できること.
 C−3 現実状況に内在する問題を抽出するとともに,利用者からの要求を分析し,効率的な運用を行うためのシステムをデザインし,利用者へ論理性を以て説明,討議できること.

(D)技術が社会に及ぼす影響に関する情報を収集し,それらについて論ずることができる能力の習得
 D−1 技術が社会に及ぼす影響について自己および他者の視点から論じることができること
 D−2 多様な考え方が含まれるさまざまな情報源の中から,設定した問題に応じた情報のみを抽出し,それを構造的にまとめることができること.
 D−3 新聞報道のようなリアルタイムに伝えられる情報源の中から,都市情報システムに関わる構造変化を見出し,自己および他者の視点から論じることができること.

(E)都市システムの変化と最先端技術の情報を常に把握し,そこから得たものを活かし続ける能力の習得
 E−1 社会構造をシステムとしてとらえ,その特徴や変化を自己および他者の視点から論じ,問題点を構造的にまとめていく能力の習得
 E−2 社会システムの静的・動的に内在する諸問題を,最先端技術情報を用いて解決する能力の習得
 E−3 解決策をフィードバックし,さらなる改善活動を継続的に行う能力の習得

(F)技術者に必要な倫理的意識の体得
 F−1 技術者倫理に係わる一般論だけでなく,情報・システム工学分野固有の倫理問題に対する考え方を身につけること.
 F−2 都市システム,とりわけ都市情報システムの社会に及ぼす影響の大きさと,その安全かつ正常な運用に対する技術者の責任の重さを理解すること.

アドミッションポリシー(入学受入方針)

都市システム工学科では、次のような資質を持つ意欲ある人を求めています。

1.基礎学力の習得に熱心に取り組み、その能力を実際に活かそうとする人
2.都市システムを常に意識し、社会の情報に敏感に反応する人
3.個々の視点だけでなく、ものごとを総合的に捉えようとする人
4.人々の幸せや社会正義に関心のある人

都市システム工学科では、皆さんのこのような資質を活かして、都市の社会基盤や情報基盤に関する基礎学力を充実させます。さらに、刻々と変化する社会情勢を的確に捉えながら、都市の環境に関わるさまざまな問題を総合的に解決することによって、人々の幸せや社会正義を追求できる技術者を育成します。